お電話でのご予約・お問い合わせ
TEL 096-247-2060
営業時間
9:00~17:00
受付
平日
facebook
インスタグラム

ブログ

建築部 大学弓道場2020/4/24

外壁下地と外壁通気

引続き現場から( ;∀;)

外壁を取り付ける作業の前に、間柱や柱に下地の防水シートを貼ります。

その上から、胴縁という名の木の部材を打ち込んでいきます。今回は縦(たて)胴縁ですね!

胴縁は外壁を取り付ける為の大事な部材なんです。そしてこの胴縁=外壁下地材はもう一つ大切な役割があります。それは通気です!

構造の躯体である柱・梁→防水シート→胴縁→サイディングとなるわけですが、胴縁(外壁下地)とサイディング(外壁材)の間に隙間ができる事で、空気の流れが起こり、“通気”の役割をするので、木造躯体などにいい環境を作ってくれます。

いろいろ役割があって建築って本当よく考えられてますよね!

 

もちろん、雨水などが直接侵入する事はありませんが、劣化により目地からですとか、中で結露ですとかそういう場合も防水シートが最後の砦として、躯体や建物の中への水や水蒸気の侵入を防いでくれるのです(*ノωノ)

ちなみに今回は屋外施設なので、断熱材はありません。

開口部が大きいです↓

ここも胴縁をつける作業中です。お疲れ様です!(^^)!

ここには庇がつきます。

完成まで楽しみです!(^^)!

同じカテゴリーの記事

お問い合わせ

ぴゅあホームへのご質問、
ご相談がございましたら
こちらからお願いいたします。

TEL 096-247-2060 営業時間 9:00~17:00 定休日 土・日・祝 パンフレットも配布中

Copyright© YOSHIHIRO KOUGYOU Co.,Ltd. All Rights Reserved.

お問い合わせお問い合わせ